鬱チェックなら気軽に挑戦できる【誰でもかかる可能性のある疾患】

特別な病気ではない

男女

誰でも可能性がある

鬱病というと自分には無関係のものというように感じる人も多いですが、決して特別なものではなく、誰でもかかる可能性のある疾患です。鬱を引き起こす原因としては、人間関係のトラブルや生活環境の変化、大切な人との別れなど大きなストレスにさらされる事が多いと言われています。症状としては、気分の落ち込みややる気の低下などがあり、食べられない、眠れない、仕事に行こうとするのに行くことが出来ないなど、日常生活にも大きく影響を及ぼします。また、更年期や妊娠出産などホルモンバランスが変化する時期や慢性的な疲労があるとき、入学や就職といった大きく新しい環境に飛び込んだ時なども鬱になりやすくなると言われています。うつ病のような精神疾患は、体の病気と比べて血液検査をして診断が出来るようなものではないため、正しい診断を受けるためには自分の症状をできるだけ正確に医師に伝える必要があります。ネットを調べると自分でできる簡易的なチェックシートがあるので、それを自分でチェックしてみたものをもって受診するのも良いでしょう。鬱になると、気分の落ち込みややる気の低下といった抑うつ状態がみられるようになり、沈んだ気分が長く続くようになってきます。通常の状態であっても、肉体的精神的な疲労を感じることで気分が沈む時期が続くことはあります。そのような場合であっても、美味しいものを食べたり、自分の好きなことをしたり、仲の良い人と喋ったりすることで気分が晴れてくるものですが、鬱の場合はそうではありません。それまで自分が好きだったことに対してもやる気がなくなり楽しめなくなってしまうというのもチェック項目のひとつです。色々考えて悩んでしまうものの、思考そのものは低下しがちなので、力を振りしぼって仕事に行っても、不注意からミスを繰り返して一層落ち込んでしまうという悪循環に陥りがちです。体の方も食べられない事から一気に痩せてしまったり、慢性的な疲労感や不眠症状に悩んだりする人も多いのでチェックしてみましょう。初期でまだ症状の軽いうちは自分の気分の落ち込みを人に知られないようにと無理に明るく振舞ったり、マスクなどで表情を隠そうとしたりする傾向もあると言われています。

女の人

眠れないなどの症状が目安

気分が暗くなる状態や眠れない日が長い期間続くなどの症状が、継続してある場合にはうつ病である可能性があります。鬱であるかをチェックするために眠れない日数を記録しておき、2週間以上続く場合は医師に相談するなど早期の対応が大切です。

カウンセリング

精神病の予防対策

真面目な方がなりやすい鬱の問題は異常がないか、日頃からチェックをしておくとおかしくなった時に気づけます。病気の問題は本人には分からない時が多いので、おかしいなと感じた時は周りの人に聞いてみるのも効果的です。

医者

頑張りすぎは危険のもと

ストレスをため込みやすい人は鬱病発生のリスクが高く、ストレスチェックで状況を見直すことが重要です。治療には病院の協力が必要であり、可能性が判明したら早めに通院しましょう。カウンセリングの利用など、状況に応じて自発的に行動することが肝心です。

男性

基礎知識を持っておこう

鬱の治療を受けるのならチェックされた内容を受け入れるようにしましょう。治療方法にも種類があるため、自分のペースで利用できそうなものを見つけて利用されるといいでしょう。基礎知識があるだけでも利用がスムーズになるため意識しておきましょう。

鬱

効率的な治療へ向けて

無理なく通院できる距離にあり、治療方針も話してくれるなど、鬱病の治療先を探す時はそれらの条件が揃う病院を選びましょう。鬱病も初期段階では無自覚の場合があるので、自己チェックを行い、少しでも当てはまる時は病院で鬱病チェックを受けてください。