眠れないなどの症状が目安|鬱チェックなら気軽に挑戦できる【誰でもかかる可能性のある疾患】

眠れないなどの症状が目安

女の人

気づきにくい種類もある

対人関係での悩みや環境に適応できないなどの理由で暗い気持ちが続いたり、夜眠れない状態が2週間以上連続して続いたりするなどの症状がある場合にはうつ病であるかチェックを行うのがオススメです。代表的な鬱状態としては、食欲が落ち込んで食べられなくなったり不眠の期間が長くなったりするなどが挙げられます。鬱状態を発症するきっかけとしては環境の変化が主な原因となることが多く、進学や引っ越しなどの環境の変化に馴染めないなどの理由があります。自分自身がうつ病になった時期をチェックする際の基準として、症状を発症した時期がこれらの環境の変化と重なっているかを確認すると判断しやすくなります。また、頑張りすぎによる疲労の蓄積なども鬱状態を引き起こすきっかけとなると考えられており、休養が充分にとれていない方も注意が必要です。初期症状のうちにカウンセリングや治療を行えば、半年から1年ほどで症状を改善することが可能です。治療を行う上では、同居している家族の協力も重要であるとされています。完璧主義の人や頑張り屋の性格の人にはプレッシャーをかけすぎないようにするなど周囲の人間が気遣うことで、うつ病の改善が出来るようになります。代表的なうつ病としては、何をしていてもやる気が起きないという状態や不眠状態が長い期間続くことが挙げられますが、これらの症状以外にも種類があります。一見すると、鬱状態であることが他人から見てわからないものとしては微笑みうつ病と呼ばれるものが挙げられます。常に他人に対してにこにこと微笑んでおり、自分1人になると一般的な鬱状態のようにひどく落ち込むというものです。他人からは気付くまでに時間がかかるため、改善のためには自分で症状をチェックしてカウンセリングなどを受けると安心です。一時的な環境の変化で気持ちが落ち込むタイプのうつ病もあり、結婚前に起こるマリッジブルーや出産に向けて起こるマタニティブルーが挙げられます。どちらの症状も人生の節目の時期に起こるため自分でもチェックしやすく、時期が過ぎることで自然と治るケースもあります。マタニティブルーの場合には、産後うつと呼ばれる症状に変化するケースもあるので不安定な時期が出産後も続く場合には専門医師のアドバイスを受けるようにするのが大切です。