効率的な治療へ向けて|鬱チェックなら気軽に挑戦できる【誰でもかかる可能性のある疾患】

効率的な治療へ向けて

鬱

初期段階は意外に無自覚

街のあちこちには色々な病院がありますが、鬱病を治したい時は、精神科か心療内科を探しましょう。精神的な症状を診てくれるのが精神科ですから、不安感をはじめとする心の症状で困っているなら、精神科をお選びください。心療内科は心身症が専門のため、鬱病に伴う身体症状を改善したい時は、こちらを選ぶと効果的です。メンタルクリニックはその両方に対応している場合が多いため、取り扱い科目をチェックしてみると良いでしょう。そして医療施設を選ぶ時は、距離的に無理なく通院できるか、待ち時間が許容範囲であるかなどをチェックしてください。治療のスタート直後は頻繁に通うこともあるので、最低でもこの2点は押さえておきたいところです。また、可能であれば予約の入れやすさなども、忘れずにチェックしておきましょう。そのほか、良い先生に治療してもらうためにも、治療方針とその方法をきちんと話してくれるお医者さんを選んでください。ゴールを把握していれば目的を見据えて取り組めますので、治療効果も上がりやすくなります。既にあの頃から鬱病だったと後から分かることが多いように、初期段階では無自覚な場合があります。そこで、朝早くに目が覚めていないか、もしくは集中力の低下でミスが多くなっていないかをチェックしてください。これらは全て鬱病の初期段階で現れる症状ですから、もしも心当たりがあるなら、早いうちに病院で鬱病チェックを受けましょう。しかし、何のツテもなく鬱病の治療先を探すのが心もとない場合は、かかりつけのお医者さんに相談するのも得策です。その診療所で鬱病チェックをしてくれるとは限りませんが、良い精神科を紹介してくれることがあり、その場合は頼めば紹介状も書いてくれます。そして、大きな病院へ行く時は、この紹介状が後々大きな意味を持ってくるのです。昨今では高度医療を取り扱う大病院の負担を減らすため、地域の診療所と医療の分担化が進んでいます。このため他院からの紹介状なしに大病院で初診を受けた場合、選定療養費という特別項目が加算されるようになりました。高ければ1万円ほどしますので、大学病院などで診てもらうつもりでも、最初にかかりつけのお医者さんへ行くことには意義があります。